活動規定について

気象警報発表・異常気象時におけるスポーツクラブもとす活動規定について

1.本巣市に次の①~⑤の警報が発表された場合、活動を中止します。

  • ①特別警報、②暴風警報、③暴風雪警報、④大雨警報、⑤洪水警報の5つです。
  • ・受講する講座、教室の開始2時間前の時点で判断し、上記①~⑤の警報が発令されている場合は講座・教室を中止とします。
  • ・講座、教室の開始後、上記①~⑤の警報が発令された場合は、ただちに活動を中止し、安全に留意して帰宅してください。
    ただし、スポーツ実践講座に参加している園児・児童・生徒については、確実に保護者に引き渡しを行い、子どもだけで帰宅させないでください。
  • ・上記、気象警報への対応は、本巣市内の幼児園、小中学校の対応に準じており、スポーツクラブとしても、会員のみなさまの命や安全を優先して行う対応と理解してください。
  • ・開講中の警報発令による中止については、返金をしません。
  • ・本巣市に次の宣言が発令された場合も活動を中止します。
  • ◎緊急事態・非常事態宣言が発令期間中はすべての講座、教室とトレーニングルームの活動を中止し、期間終了後は再開します。ホームページでもご確認ください。

2.熱中症防止のための対応について

  • ・特にスポーツ実践講座の園児・児童・生徒が対象の講座では、気象庁から「高温注意情報」が発表された場合や予報気温が35℃を超える日は諸活動を自粛し、生命の安全を最優先する対応を図ってください。
  • ・健康増進講座においても、上記のような場合は、冷房を入れたり、給水を早めにとったりするなど安全を第一に考えて講座を行ってください。

3.講座・教室中止の周知の仕方について

(1) 会員のみなさんが自分で判断する。
  • ・気象警報により講座・教室を中止する場合はご自分で判断してください。
  • ・上記の警報発令が、スポーツクラブもとす事務局の営業時間内であれば電話(058-320-4540)での対応をします。
    また、本巣市教育委員会社会教育課(058-323-7764)でも対応しています。
(2) 講師・会員の方への周知について
  • ※気象警報が発令されるのは、近年、梅雨・台風の時期が多いです。会員のみなさまの安全を最優先に考えての対応ですのでご理解いただくとともに、特に、この時期はご自分でも気象状況を把握するよう努めてください。